> > JFEエンジ、東大阪市のごみ処理施設の設計、施工を受注

JFEエンジ、東大阪市のごみ処理施設の設計、施工を受注

記事を保存
JFEエンジ、東大阪市のごみ処理施設の設計、施工を受注

JFEエンジニアリングは、東大阪都市清掃施設組合(東大阪市、大東市が構成する一部事務組合)より、東大阪市にある都市環境プラントの工事を受注した。

同工事は、可燃ごみ焼却施設(ストーカ式焼却炉400t/日)、粗大ごみ処理施設(50t/日)の設計と施工を請け負うもの。今年2月に着工しており、2017年3月に完成予定。

同社のストーカ炉は、独自技術である高温空気吹き込みによって低空気比燃焼を行い、熱のロスを抑えることでエネルギー回収率を高めている。これにより国内トップレベルの発電効率とCO2排出量の大幅削減を実現。この点が総合評価一般競争入札の技術審査で高く評価された。

また、同プラントは豊富な実績に裏付けされた標準設計をベースに最適化を図っており、低コストでの建設を可能にしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.