> > 水インフラの国際展開で自治体が連携開始 東京都や大阪市など

水インフラの国際展開で自治体が連携開始 東京都や大阪市など

 印刷 記事を保存

国土交通省は、水インフラの国際展開活動において、国と地方公共団体が連携する初の枠組みとして、昨年4月に発足した「水・環境ソリューションハブ(WES Hub)」の運営委員会を、3月28日(木)10:00~11:45、三菱総合研究所4階大会議室Dにおいて開催する。

本運営委員会では、今年度の活動報告及び来年度の活動内容紹介を行う。また、WES Hubの新規登録申請自治体によるプレゼンテーションを実施し、新規参入自治体の審査を行う。新規加入が認められた自治体については、登録証授与式を同日12:15~13:00、国土交通省合同庁舎3号館下水道部長室にて行う。

同省では、平成22年度に策定された国土交通省成長戦略に基づき、水・環境インフラの国際展開をより一層加速させる観点から、政策・技術をパッケージとしたトータルソリューションを提供するために、国際的技術専門機関と国際展開において先進的な地方公共団体の構成による水・環境ソリューションハブ(WES Hub)を平成24年4月に発足し、日本の下水道事業運営ノウハウを必要とする国々に提供してきた。

(※全文:980文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.