国が産廃処理業にアンケート 業界やリサイクル製品のイメージアップに強い要望

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

環境省は、産業廃棄物処理業界全体の様相を把握することを目的に、初めて実施した「産業廃棄物処理業実態調査」の結果についてとりまとめ、公表した。全国の産業廃棄物処理業の市場規模は年間約5兆円と推計される。また、全体の約4%の業者が売上の50%を占めており、大手の産業廃棄物処理業者に売上が集中していることがわかった。

産業廃棄物処理市場(標本4,851件)における産廃処理業者のシェアと売上規模をみると、売上の上位100件で全体売上の37%、上位200件で50%、上位500件で70%、上位1,400件で90%を占めた。つまり、全体の約2%の産廃処理業者で37%、約4%の者で50%、約29%の者で90%の売上を占めているということになり、大手の産廃処理業者に売上が集中し、中小の産廃処理業者との格差が大きいと考えられると指摘する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報