> > 東京メトロ、SiC採用の補助電源装置で銀座線車両を省エネ化

東京メトロ、SiC採用の補助電源装置で銀座線車両を省エネ化

 印刷 記事を保存

東京メトロは、環境配慮型の銀座線新型1000系車両を6月より順次追加導入すると発表した。さらに今回導入する車両では、SiC(シリコンカーバイド)を採用した補助電源装置を世界で初めて本格導入する。

銀座線1000系車両は、騒音・振動の少ない操舵台車や従来より消費電力量の少ない永久磁石同期モーター(PMSM)、LED照明などを採用し、環境負荷低減を実現した車両。今回は、この車両は平成24年4月に運行を開始した第1編成に引き続き導入されるもので、平成25年度には11編成66両を導入し、平成28年度までに銀座線車両を全て1000系車両に置き換える計画だ。

(※全文:717文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.