昭和電工、鉄リサイクルに使用する黒鉛電極の中国メーカーを子会社化

  • 印刷
  • 共有

昭和電工は、中国の「黒鉛電極」の一貫製造会社である「中鋼集団四川炭素(四川炭素)」の持分取得にかかる手続きを完了し、四川炭素を「四川昭鋼炭素(四川昭鋼炭素)」として子会社化した。

今後は、昭和電工の黒鉛電極製造の技術を導入し、四川昭鋼炭素の製品品質を高め、需要伸長が予想される中国を含むアジア市場での事業拡大を図りたい考えだ。黒鉛電極の生産量は、現在12万7,000トンだが、2014年末には15万7,000トンを目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報