> > 昭和電工、鉄リサイクルに使用する黒鉛電極の中国メーカーを子会社化

昭和電工、鉄リサイクルに使用する黒鉛電極の中国メーカーを子会社化

記事を保存

昭和電工は、中国の「黒鉛電極」の一貫製造会社である「中鋼集団四川炭素(四川炭素)」の持分取得にかかる手続きを完了し、四川炭素を「四川昭鋼炭素(四川昭鋼炭素)」として子会社化した。

今後は、昭和電工の黒鉛電極製造の技術を導入し、四川昭鋼炭素の製品品質を高め、需要伸長が予想される中国を含むアジア市場での事業拡大を図りたい考えだ。黒鉛電極の生産量は、現在12万7,000トンだが、2014年末には15万7,000トンを目指す。

「黒鉛電極」は、鉄のスクラップを原料とする電炉鋼を製造する工程において不可欠な消耗材料。電炉鋼は鉄のリサイクル製品であり、高炉に比べ製造時のCO2排出量が少ないなど低環境負荷である特長を有するとともに、自動車の普及や都市の発展により大量の鉄スクラップが発生するアジアなどの新興市場での生産量増大が見込まれている。

昭和電工はこれまで、大町事業所(長野県大町市)、昭和電工カーボン(米国サウスカロライナ州)の2拠点から高品質の黒鉛電極を主に先進市場へ提供してきた。

今回、四川昭鋼炭素を新たな拠点に加えることで、新興市場向け製品の供給体制を整えることにより、ハイエンドとボリュームゾーンの両市場に向けた二正面戦略を着実に進めていく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.