> > 大阪府公社団地跡地にデマンドレスポンスや地中熱利用のマンション

大阪府公社団地跡地にデマンドレスポンスや地中熱利用のマンション

 印刷 記事を保存

大和ハウス工業と住友商事は、千里ニュータウン「藤白台B・千里丘陵G団地」(大阪府吹田市)跡地再生事業として、「デマンドレスポンスサービス」と「エネルギーの見える化システム」、「地中熱利用換気システム」等を導入した環境と防災面に配慮した分譲マンション「(仮称)北千里プロジェクト」を、4月5日に着工すると発表した。

本物件は、地球温暖化防止と顧客の自然エネルギーへの意識の高まりから、NTTファシリティーズが提供するデマンドレスポンスサービス「EnneVision(エネビジョン)」と大和ハウスオリジナルのエネルギーの見える化システム「D-HEMS」のほか、「光」「地熱」「風」「水」の4つの自然エネルギーを活用するパッシブデザインを導入し、太陽光発電システム(約30kW)、地中熱利用換気システム、換気ニット窓、雨水利用システム等の環境配慮型のシステムや機器を採用した。

また、防災面では、災害によりライフラインが断たれた場合に備えて、太陽光発電システムより災害時用の電力を確保するとともに、電気自動車(24kwh)から非常用の電力として活用できるシステムなども導入する。

(※全文:1,111文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.