> > 富士通、生物多様性保全10団体に生物調査クラウドサービスを無償提供

富士通、生物多様性保全10団体に生物調査クラウドサービスを無償提供

 印刷 記事を保存

富士通は、生物多様性保全を進める10団体に対し、生物調査ツールである携帯フォトシステム・クラウドサービスの無償提供を開始した。

同サービスを行政・NPO法人・教育研究機関・市民グループなど多様な主体が、地域戦略策定・外来植物対策・動植物の分布調査など様々な目的で利用することにより、効率的かつ広範囲な生物調査が可能となり、生物多様性保全活動のさらなる推進を後押しする。

具体的には、集めたデータが地図上で容易に可視化できるようになり、データ間の相関関係などいままで見えなかったものが見えてくることが期待されている。

同サービスが無償提供される10団体の活動テーマと団体名は以下の通り。

(※全文:847文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.