> > 佐賀県の吉野ヶ里メガソーラー、日本政策投資銀行より30億円融資調達

佐賀県の吉野ヶ里メガソーラー、日本政策投資銀行より30億円融資調達

 印刷 記事を保存

NTTファシリティーズは、同社が吉野ヶ里メガソーラー設置運営事業で設立した佐嘉吉野ヶ里ソーラー合同会社(佐賀県)が「DBJ環境格付」に基づく融資を3月29日に受けたと発表した。

同格付は、日本政策投資銀行(DBJ)が開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評価、優れた企業を選定し、得点に応じて3段階の適用金利を設定する、環境格付の専門手法を導入した世界初のメニュー。今回、最高クラスにあたるAランクを取得し、実質的に同ソーラーと一体経営であるNTTファシリティーズの環境への取り組みが高く評価されたことになる。これによりAランクに応じた適用金利にて、約30億円を調達することができた。

(※全文:570文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.