> > 日立と東京電力、海外送配電分野のコンサルティング新会社を設立

日立と東京電力、海外送配電分野のコンサルティング新会社を設立

記事を保存

日立製作所と東京電力は、日立が保有する送配電分野におけるシステムソリューション技術と、東京電力が保有する送配電設備の計画・運用・保守に関するノウハウを融合し、送配電分野におけるコンサルティング・エンジニアリングを海外へ展開する新会社「THEパワーグリッドソリューション」を設立し、4月1日より営業を開始した。

新会社は、日立が米国や英国などで手がける再生可能エネルギー導入に伴う需要家参加型の地産地消実証などのプロジェクトにおける、計画立案コンサルティングや現地調整エンジニアリングなどの支援などに取り組む。

これらの取り組みの実績を踏まえて、将来的には海外送配電分野における企画立案、計画コンサルティングから現地調整、運転・保守までのトータルソリューションの型を確立し、グローバル展開を視野に入れた検討をしていく。

日立は、社会イノベーション事業のグローバル展開を加速させている。送配電分野においては、国内を中心に豊富な納入実績があるが、海外各地域のニーズに合わせて国内外のさまざまなインフラ事業者やソリューションパートナーと連携することで、設備計画から運用・保守サービスに至るまでのトータルソリューション力の強化によりグローバルに事業を拡大していきたい考えだ。

東京電力は、メーカー・金融機関等と提携し、海外コンサルティング事業の知見・ノウハウを活用した電力システム輸出実現の体制を構築という方針を掲げている。送配電分野については、メーカーが電力システム輸出を実現していく上で、その下支えをする体制を構築するため、様々な検討を進めている。今回の新会社設立により、海外における送配電事業に関する知見を蓄積し、海外での収益拡大に向けた事業基盤を強化していく方針。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.