> > 中国水ビジネス市場は3年後に45.6%増と予測、規制強化で拡大

中国水ビジネス市場は3年後に45.6%増と予測、規制強化で拡大

 印刷 記事を保存

総合マーケティング会社の富士経済は、中国の水ビジネス市場を調査した結果を発表した。中国のGDP成長率は鈍化しつつあり、景気にもやや停滞感が見られるが、水ビジネス市場は、2012年の265.8億元から、2015年には2012年比45.6%増の386.9億円になると見通し。排水・汚泥処理の法規制強化と水不足の深刻化で、官需、民需ともに今後も活性化すると予測する。

成長著しい中国では、都市化や工業化の進展、産業活動の規模拡大とともに、生活用水・排水や、産業用水・排水の量が年々増加し、処理や浄化するための水処理設備、処理に付随して発生する汚泥の処理設備等、水処理に関わる技術や製品の需要が急速に拡大している。また、華北、東北地域を中心に深刻化する水不足に伴い、安定的な水資源の確保を目的に、下水や産業排水の再利用化や海水淡水化システムの導入が積極的に進められている。

(※全文:1,964文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.