> > ファーストソーラー、太陽電池ベンチャーを買収 大型システム以外の市場へ

ファーストソーラー、太陽電池ベンチャーを買収 大型システム以外の市場へ

 印刷 記事を保存

大手太陽電池メーカーのファーストソーラー(米国アリゾナ州)は、太陽光発電技術のベンチャー企業であるテトラサン(米国カリフォルニア州)を買収すると発表した。

高効率、低コストを実現するテトラサンの太陽電池技術により、CdTe(カドミウムテルル)型薄膜を補完し、大型発電設備以外の新しい市場の開拓を目指す。暫定的に2014年後半から新技術を用いた製品の商業生産を開始する計画だ。

テトラサンは、結晶シリコン系高効率太陽電池セルを安価なコストで製造する独自技術により、変換効率21パーセント超を実現する画期的な太陽電池を開発した米国ベンチャー企業。JX日鉱日石エネルギーは、この技術の可能性を最初に見出した企業のひとつで、2009年にテトラサンへ出資し、筆頭株主としてその研究開発活動を支援してきた。

今回、ファーストソーラーは、JX日鉱日石エネルギーやテトラサンの経営陣を含む出資者からテトラサンを買収することで正式契約を締結した。契約に関する詳細は非公開だが、2013年の第2四半期までに買収は完了する見込み。また、ファーストソーラーとJX日鉱日石エネルギーは同技術の日本市場での販売に関する契約についても協議を開始している。

ファーストソーラーは、電力会社等の太陽光発電システムに、光の吸収層にカドミウム(Cd)とテルル(Te)の化合物を用いた、低コストなCdTe型薄膜太陽電池を提供しシェアを伸ばしてきた。しかし、高効率という面では他社に比べて落ちるため、大規模設備向けが主体となっていた。

ファーストソーラーのジム・ヒューズCEOは下記のように述べている。

(※全文:1,307文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.