> > 東急東横線に次世代ステンレス車両 軽量化により省エネ性向上

東急東横線に次世代ステンレス車両 軽量化により省エネ性向上

記事を保存
東急東横線に次世代ステンレス車両 軽量化により省エネ性向上

東京急行電鉄と総合車両製作所は、共同で開発を進めていた次世代ステンレス車両「sustina(サスティナ)」の第一号車両を、東急電鉄5050系として5月中旬に東横線へ導入すると発表した。

sustinaは、レーザー溶接の積極的な採用による車両構造の変更、骨組の軽量化などで、アルミ車両と同等の車体軽量化を実現している点が特長。これにより、従来の車両に比べて、走行時の消費電力量削減などによる省エネルギー性の向上を実現した。

この他の特長としては、内装ロールバー構造採用により車体側面からの衝突安全性を向上、ステンレスの特長を活かしたさらなる美観の向上、レーザー溶接による水密性の向上、樹脂シール使用によるメンテナンス性の向上、製作工数削減による製作コスト低減などが挙げられる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.