政府、電力システム改革法案を閣議決定 20年度までに発送電分離など

  • 印刷
  • 共有

政府は、4月12日、電力小売りの全面自由化や発送電分離など電力システム改革を実施するための「電気事業法の一部を改正する法律案」を閣議決定し、今国会に提出した。

本法律案は、東日本大震災の影響による昨今の電力需給のひっ迫状況を踏まえ、電気の安定供給の確保等を目的に実施する電力システム改革について、法案の提出時期など具体的な工程表を示すなど全体像を法律上明らかにしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報