> > 2012年度電力需要は前年比1%減、節電効果と製造業の生産減が影響

2012年度電力需要は前年比1%減、節電効果と製造業の生産減が影響

 印刷 記事を保存

電気事業連合会は、4月19日、2012年度電力需要実績(速報)を発表した。2012年度の電力需要は、電力会社10社の販売電力量合計で、前年比0.1%減の8,516億kWhだった。2年連続で前年実績を下回った。

特定規模需要以外の需要のうち、電灯については、8月から9月にかけて気温が前年に比べ概ね高めに推移し冷房需要が増加したものの、顧客の節電の取り組みによる影響などから、0.9%減となった。特定規模需要における業務用についても、企業や顧客の節電の取り組みによる影響が見られたものの、東日本大震災による影響の反動増などから、1.4%増となった。

産業用需要の大口電力については、2.4%減と2年連続で前年実績を下回った。主要7業種すべてにおいて前年実績を下回った。

また、電気事業連合会の八木会長は、同日行った定例会見で、「今夏の電力需給見通し」、「原子力新規制基準への対応」、「電力システム改革への対応」の3点について言及した。

(※全文:1,380文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.