> > 東芝、200W太陽電池モジュールの新製品を発売

東芝、200W太陽電池モジュールの新製品を発売

記事を保存

東芝は、昨年6月に市場投入した200W太陽電池モジュール(ブラックモデル)の後継製品となる200W太陽電池モジュール「Vシリーズ(LPV-200V-BLK-J)」を5月9日に発売する。最大モジュール変換効率は15.4%。最大出力は200W。価格は13万2,300円。

同製品の主な特長は、以下の通り。

【1】太陽の光をしっかり取り込むためARコートを採用

反射による光の損失を抑えるため、セル表面に反射防止膜とARコートを採用。セルにしっかり太陽の光を取込むことを可能にした。

【2】「黒」にこだわった落ち着いた外観

バックシートにブラックシートを採用。黒にこだわった落ち着いたデザインで、和瓦・スレートなど住宅の屋根によくなじむ外観になっている。

【3】高いPID耐性を立証

第3者機関である株式会社ケミトックスにて信頼性試験の一つ「PID発生確認試験」(96時間、セ氏60、湿度85%、-1000Vdc)を行い、高い耐性があることが立証された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.