> > 昨年の風力発電導入量は過去最高を記録、VestasとGEが首位を争う

昨年の風力発電導入量は過去最高を記録、VestasとGEが首位を争う

 印刷 記事を保存

中国メーカーは国内市場の縮小により順位を落とすも、中国の電力会社は世界最大の風力発電設備所有者に。

(ロンドン、ニューヨーク、2013年4月25日[日本時間])

2012年の世界風力発電市場は48.4ギガワットという史上最大の導入量を記録し、タービンメーカーとしては米国General ElectricとデンマークVestasがトップに立った。

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスが本日クライアントに公表した調査結果によると、GEの順位が上昇し、首位を維持してきたVestasに並ぶこととなった理由は、米国で期限切れになる予定だった税額控除を受けようとするすべてのプロジェクトが、2012年末までに送配電網に接続される必要があったため、開発ラッシュが起きたことにある。2012年に稼働を開始したGEの風力タービンの96%以上が米国市場向けだった。

米国の風力発電ブームは、2013年の市場の急激な縮小につながったが、米国に強い外国メーカーが売上を伸ばす要因ともなった。ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスの分析によると、SiemensやGamesaなどの欧州メーカーの2012年の対象市場としては、米国が単独1位となっている。メーカーとして最も広範囲の市場にタービンを供給しているVestasでさえ、2012年に追加した容量の40%は米国が対象だった。

(※全文:1,927文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.