> > イオン・マックスバリュのレジ袋、バイオマス製(70%)に

イオン・マックスバリュのレジ袋、バイオマス製(70%)に

記事を保存
イオン・マックスバリュのレジ袋、バイオマス製(70%)に

イオンは、国際的な第三者認証機関「SGS SA(スイス)」と「UL Inc.(アメリカ)」より、レジ袋と持ち帰り専用のかご「マイバスケット」のバイオマス検証マークを取得した。

4月25日よりバイオマス検証マーク付レジ袋を全国のイオン、マックスバリュなど約850店舗に順次導入、バイオマス検証マーク付マイバスケットをグループ約1,400店舗で展開する。両機関からのバイオマス検証マーク取得は世界初。

今回のバイオマス検証マーク取得は、SGS、UL、豊田通商が共同で製品のバイオマス素材含有量のグローバルスタンダード化に取り組む「『SGS・UL』の植物由来素材認証プログラム」の一環として行われた。

同プログラムは、世界最大級の認証機関SGSと北米最大級の認証機関ULがバイオマス素材の認証基準・規格化の統一に共同で取り組むことにより、グローバルスタンダードとなる認証の成立を目指すもの。

現在、バイオマス素材の認証については、国や地域、自治体、認証機関ごとに異なる基準が存在するが、ヨーロッパを中心としたSGSと北米を代表するULによるバイオマス認証を国際的な共通規格にすることで、バイオマス素材への信頼性を高め、認知度向上と市場拡大につなげることを目的にしている。

イオンは、バイオマス素材の幅広い認知と利用促進に貢献すべく、同プログラムの趣旨に賛同し、検証マークを取得。バイオマス素材の含有率は、レジ袋は70%、マイバスケットは55%。

なお、イオンは、レジ袋を無料配布している店舗における適量配布の徹底、「マイバッグ持参運動」「マイバスケット持参運動」の推進などより、昨年度のレジ袋削減枚数は18億枚に上り、167,000トンのCO2排出量削減を実現している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.