> > パナソニックと富士通、スマート家電とクラウドによる新サービスの実験を開始

パナソニックと富士通、スマート家電とクラウドによる新サービスの実験を開始

記事を保存
パナソニックと富士通、スマート家電とクラウドによる新サービスの実験を開始

パナソニックと富士通は、「食」や「健康」などを対象に、新たな付加価値の創出と新サービス事業に向けた共同実証実験を開始する。同実験は、パナソニックの「スマート家電」の情報と、それらを効率的に分析・見える化する富士通の「クラウド技術」などそれぞれの強みを活かして行うもの。

期間は2014年3月まで。パナソニックのR&D本部クラウドソリューションセンターと、富士通が2013年4月に設立した同実証実験の専門組織にて実施する。

具体的には、モニター(パナソニック社員)が利用したスマート家電の情報を、富士通のクラウド技術を用いて分析し、異業種・業界のパートナー企業とともに、新サービス事業に向けた企画検討を行う。

例えば「食」の場合、食品の消費行動分析やライフスタイル分析等を通して、家電利用者に対して最適なレシピや食関連の健康情報、お買い得情報の提供サービス等を食品業界の企業と提携・検討する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.