> > NEDO、スペインで日本製EVを使ったスマートコミュニティ技術の実証実験

NEDO、スペインで日本製EVを使ったスマートコミュニティ技術の実証実験

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、スペイン南部のアンダルシア州マラガ市でスマートコミュニティ実証事業の実証試験を開始した。同事業は、ICT(情報通信技術)を駆使してEVユーザーの行動変革を促すことで、EVの大量充電による電力系統への負荷を低減する技術を実証するもの。

200台の日本製電気自動車(EV)と、日本が国際的な標準規格を目指すEVの急速充電規格「CHAdeMO(チャデモ)方式」の急速充電器を含む充電インフラを用いて、EVの大量導入・普及時を想定した先進的なスマートコミュニティ技術を実証する。再生可能エネルギーやスマートメーターの導入が進む環境先進都市 マラガ市で行うことで、より有効な成果が得られるものと期待されている。実証試験は2015年度までの予定。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.