> > NEDO、スペインで日本製EVを使ったスマートコミュニティ技術の実証実験

NEDO、スペインで日本製EVを使ったスマートコミュニティ技術の実証実験

記事を保存
NEDO、スペインで日本製EVを使ったスマートコミュニティ技術の実証実験

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、スペイン南部のアンダルシア州マラガ市でスマートコミュニティ実証事業の実証試験を開始した。同事業は、ICT(情報通信技術)を駆使してEVユーザーの行動変革を促すことで、EVの大量充電による電力系統への負荷を低減する技術を実証するもの。

200台の日本製電気自動車(EV)と、日本が国際的な標準規格を目指すEVの急速充電規格「CHAdeMO(チャデモ)方式」の急速充電器を含む充電インフラを用いて、EVの大量導入・普及時を想定した先進的なスマートコミュニティ技術を実証する。再生可能エネルギーやスマートメーターの導入が進む環境先進都市 マラガ市で行うことで、より有効な成果が得られるものと期待されている。実証試験は2015年度までの予定。

同事業は、NEDOとスペインの政府系機関である産業技術開発センター(CDTI)の「ジャパン・スペイン・イノベーションプログラム(JSIP)」に基づくもので、マラガ市で推進されているスマートシティ・マラガプロジェクトと連携して実施。日本からは三菱重工業、三菱商事、日立製作所が、スペイン側は大手電力会社のエンデサ、通信最大手のテレフォニカ、コンサルティング会社のアイエサが参加している。

日本側は、EV管理システムやEVインフラ、情報基盤を整備し、スペイン側企業コンソーシアムと連携してEV活用サービス、電力マネジメントシステムの実証を展開。試験に用いるEVは三菱自動車の「i-MiEV」160台でスタートし、将来的に日産自動車の「リーフ」約40台を加え200台規模で行う計画。

急速充電器(出力50kw)は、マラガ市内外の計9カ所(三菱重工製5カ所、日立製4カ所)に23口配置。CHAdeMO(チャデモ)方式は、日本が国際電気標準委員会に提案している国際規格の一つで、実用化されているものは同方式しかないため、欧州地域におけるCHAdeMO充電器の設置は政策的にも非常に重要と考えられている。

【参考】
NEDO - スペインでスマートコミュニティ実証事業

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.