> > 三菱マテリアルなど、国内4カ所の社有地を活用した太陽光発電事業開始

三菱マテリアルなど、国内4カ所の社有地を活用した太陽光発電事業開始

記事を保存
三菱マテリアルなど、国内4カ所の社有地を活用した太陽光発電事業開始

三菱UFJリース及び三菱マテリアルは、国内にある三菱マテリアルグループの社有地を活用した太陽光発電事業を共同で行うと発表した。発電サイトを設けるのは、入釜(宮城県栗原市)、福井(福井県福井市)、鳥越(福岡県京都郡)、真壁(茨城県桜川市)の4カ所。土地面積は合計で約23万m2、発電設備容量は16.4MW。建設着工は今年7月以降、稼動は2014年1月以降を予定。発電した電力は、社有地が所在する地域の電力会社に全量売電する。

三菱UFJリースは、施設の省エネ化を導入からエネルギー削減の効果保証までをパッケージでサポートするESCO事業や、再生可能エネルギーの発電設備を対象としたプロジェクトファイナンスなど、環境分野においても幅広い事業を国内外で展開している。

三菱マテリアルは、同社グループのビジネスインフラを活用した環境リサイクル、再生可能エネルギー事業も積極的に行っている。今回の事業では、社有地を有効活用するとともに、地熱・水力発電に次ぐ新たな再生可能エネルギー事業への取り組みも行う。

なお、両社折半出資による事業会社 エルエムサンパワーを設立し、発電事業並びに付帯関連する一切の事業を行う。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.