> > 東京都町田市のLED街路灯、蓄電池内臓で災害・停電時でも点灯可能に

東京都町田市のLED街路灯、蓄電池内臓で災害・停電時でも点灯可能に

記事を保存
東京都町田市のLED街路灯、蓄電池内臓で災害・停電時でも点灯可能に

東京都町田市と市内の企業集団「多摩高度化事業協同組合(まちだテクノパーク)」は、停電時でも街路灯が点灯する町田市災害・停電時LED街路灯「消えないまちだ君(仮称)」を共同開発した。同LED街路灯は、既設の街路灯柱内にバッテリーユニットを設置するだけという工事の簡便さ、低コスト、点灯時間の長さなどが特長。

現在、市内2カ所に設置されている。町田市地域防災計画にもとづき、夜間の停電時でも街路灯を点灯させ、避難道路等の安全を確保することができるように順次設置予定。2013年度は、9~11月に町田駅前通りに13基設置する予定。

東京都町田市のLED街路灯 現在の設置箇所および 2013年度設置予定路線

現在の設置箇所および 2013年度設置予定路線

LED街路灯「消えないまちだ君(仮称)」の具体的な特長は、以下の通り。

  • 既設街路灯の内部にバッテリーユニットを取付け、停電時は蓄電池により街路灯を点灯させることができる。
  • バッテリー本体を小型軽量化したため、既設の街路灯柱内に取付けることができ、工期の短縮及び経費が削減できる。また、ソーラーパネルや蓄電池ボックスが外部に露出しないため、通常の街路灯の外観に変更がない。
  • 調光機能を搭載し、点灯の明るさにより8~24時間程度の点灯時間を確保することができる。
  • 日照条件に左右されないため、どこでも設置が可能。
  • 器具1基あたりの価格は約40万円で、従来に比べて1/3~1/2程度に抑えられる。
  • 既設灯具をLED化することにより、電気使用量の低減CO2の削減が図られ、省エネルギーの向上にも寄与する。

【参考】
町田市 - 町田市災害・停電時LED街路灯 仮称『消えないまちだ君』を開発しました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.