> > 家庭の電力消費量、昨夏は2.7%減

家庭の電力消費量、昨夏は2.7%減

 印刷 記事を保存

環境省は、2012年夏期の家庭における節電・CO2削減行動について、インターネットによるアンケート調査を行った結果を取りまとめ公表した。昨夏の家庭の電力消費量は、2011年夏期と比べて2.7%削減となり、これは家庭一世帯当たりのCO2排出量の約1%分の削減に相当することなどがわかった。

2012年夏期に節電を強く意識していた世帯は全体の32%で、震災以前の11%と比べて21ポイント増加しており、2011年の同時期とほとんど変わらなかった。震災以降、約2割の世帯が省エネ・節電のために扇風機を購入した一方で、約半数の世帯が冷房の快適性を抑えていた。

震災以降に照明ランプを省エネタイプへと交換した世帯は全体の44%、白熱電球からLED電球は3割、白熱電球から電球型蛍光灯、電球型蛍光灯からLED電球はそれぞれ約2割だった。節電意識が高かった世帯ほど、白熱電球をLED電球へ交換している。昨夏節電を「強く意識していた」世帯では、1割以上の世帯が半分以上の白熱電球をLED電球に交換していた。

また、節電に取り組むに当たって、「家電ごとの消費電力や電力消費量」(54%)、「対策ごとの削減効果」(40%)といった情報に関するニーズが高かった。

主な調査結果は以下の通り。

(※全文:2,024文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.