> > 環境省、大成建設・大林組の土壌汚染調査対策技術の評価結果を公表

環境省、大成建設・大林組の土壌汚染調査対策技術の評価結果を公表

 印刷 記事を保存

環境省では、「平成24年度低コスト・低負荷型土壌汚染調査対策技術検討調査」の対象技術となった大成建設の「難分解性のシアン化合物に対する原位置浄化対策技術」と大林組の「微細な酸化鉄粒子の注入による汚染拡散防止壁の形成」について評価結果を取りまとめて公表した。

大成建設の「難分解性のシアン化合物に対する原位置浄化対策技術」は、シアン汚染サイトにおいて、微生物分解が困難な「シアン化合物」を解離剤によって「遊離シアン」に化学変換させ、微生物分解を促進することにより、浄化期間の短縮を目的とした技術。

同技術に対して、検討会は以下のような概論を示した。

(※全文:1,256文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.