> > 消費電力と燃料コストを75%削減する集魚用LED水中灯

消費電力と燃料コストを75%削減する集魚用LED水中灯

記事を保存
消費電力と燃料コストを75%削減する集魚用LED水中灯

大日本印刷の子会社の大日本商事は、まき網漁業などに利用できる集魚用LED水中灯システムを開発し発売した。同システムは、LED灯を採用することにより、従来のハロゲン灯と比較して、消費電力と発電機の燃料コストを75%削減できるのが特長。

また、最新のハイパワーLEDの採用と海水を利用した冷却設計により、1,000W以下の電力でハロゲン灯4,000Wに相当する光を発生させることができる。同社は、2014年度までに10億円の売上を目指す。

まき網などの漁法では、魚やプランクトンが光に反応して集まる習性を利用して集魚灯が使われているが、従来のハロゲン灯やメタルハライド灯は電力使用量が非常に大きく、発電用の燃料価格の高騰が漁業経営を圧迫している。

そのため、燃料コストの削減対策が急務となっており、その対策の一つとして省エネルギー型の集魚灯への切り替えが求められている。現在、電力使用量が少ないLEDを使用した集魚灯も販売されているが、漁に使用するには光量が足りないなどの課題がある。

また、集魚灯は主に船上で利用されているが、水中灯と組み合わせて効率的に漁獲高を上げる取り組みも始まっている。そこで大日本商事は、ハロゲン灯やメタルハライド灯と同等の光量を保持しながら、燃料コストを大幅に削減できるものとして、今回のシステムの開発に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.