> > パナソニックがソーラーランタンを商品化 世界の無電化地域へ供給

パナソニックがソーラーランタンを商品化 世界の無電化地域へ供給

 印刷 記事を保存

パナソニックは、世界において、電気のない暮らしをしている無電化地域で活用できる「チャージ機能付ソーラーランタン」を開発し、今秋から発売すると発表した。このランタンは、日中に太陽電池で発電したエネルギーを充電池に蓄電し、夜間の灯りや携帯電話など小型機器充電用の電源として活用できるもの。

アジアやアフリカなどの無電化地域でのマーケティング活動を経て、今秋から発売する予定。開発品は、6月に横浜で開催される第5回アフリカ開発会議併催の公式サイドイベント(5月30日~6月3日)に参考出展し、同会議に参画する多様なステークホルダーに商品提案を行う。

(※全文:900文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.