> > 京大、ナノサイズの金属粒子構造を使い白色LEDの発光強度を増強

京大、ナノサイズの金属粒子構造を使い白色LEDの発光強度を増強

 印刷 記事を保存

京都大学の研究グループは共同で、ナノ(10億分の1)メートルサイズの金属粒子を周期的に並べた構造「ナノアンテナ」を用いると、発光材料の発光強度を増強したり、発光の方向を制御できることを実験的に明らかにした。

ナノアンテナを次世代の照明として普及しつつある白色LEDに組み入れることで、従来に比べ高性能で省エネルギーな照明「スマート照明」の開発につながることが期待される。

白色LEDは、青色LEDと青色光の照射で黄色に光る蛍光体の組み合わせからなり、蛍光体に吸収されなかった青色と蛍光体からの黄色が混ざることで白色光が得られる。現在、白色LEDのさらなる高性能化に向けて、青色LEDの高性能化、新規蛍光体の開発、青色LEDと蛍光体の空間的配置の最適化など多方面からの研究が進んでいる。

(※全文:1,198文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.