> > 東急電鉄、電車の回生ブレーキや駅構内のLED化などを推進

東急電鉄、電車の回生ブレーキや駅構内のLED化などを推進

記事を保存
東急電鉄、電車の回生ブレーキや駅構内のLED化などを推進

東急電鉄は、2013年度の鉄軌道事業設備投資計画で、安全対策とサービス向上の取り組みに368億円、輸送力増強への取り組みに120億円の総額488億円の設備投資を行うと発表した。このうち環境対策としては、東横線の車両18両を節電や環境に配慮した新型車両5000系に新するとともに、各駅の構内照明のLED化を積極的に推進し、今年度は、二子玉川駅や溝の口駅などで実施する。

同社は、車両への電力回生ブレーキの導入率を2001年度から100%を継続するなど、節電や環境への配慮と混雑緩和・快適性向上の両立に取り組んでいる。(電力回生ブレーキは、ブレーキ作動時に発生した電気エネルギーを、架線を通じて他の電車に送り、再び利用することができるブレーキ機能)

今回更新される5000系車両は、機器を多重化することにより、一部機器に故障が発生しても列車運行への影響を最小限に抑えた車両。また、従来の主力車両であった8000系に比べて使用電力を約40%削減できる。今年度の更新により、東急線全車両の約53%が環境配慮型車両になる予定。

同社は、この他、駅・高架橋・トンネルなどの耐震補強工事、東横線中目黒駅・学芸大学駅のホームドア設置、全駅バリアフリールートの確保、祐天寺駅での特急・通勤特急・急行列車の通過線整備、不要となった東横線旧渋谷駅と渋谷高架橋などの撤去工事などを行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.