> > 岡山県など、電気自動車を新開発 横浜「人とくるまのテクノロジー展 2013」に出展

岡山県など、電気自動車を新開発 横浜「人とくるまのテクノロジー展 2013」に出展

記事を保存
岡山県など、電気自動車を新開発 横浜「人とくるまのテクノロジー展 2013」に出展

岡山県と岡山県産業振興財団は、「おかやま次世代自動車技術研究開発プロジェクト」において製作したインホイールモータを搭載した試作自動車(EV)を、5月22日から横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2013」に出展し、会場内で開催されるワークショップにて開発技術等の成果を発表する。

本プロジェクトは、両者が平成23年度に設置した「おかやま次世代自動車技術研究開発センター(OVEC)」を拠点に、産学官が連携して、次世代自動車に対応した新素材、新工法、新技術、新製品などの研究開発に取り組んでいるもの。一般公募による県内企業16社と岡山県工業技術センター、岡山県、岡山県産業振興財団が参加する。

また、アドバイザーとして、三菱自動車、そして、タイヤホイールの中に直接モータを内蔵させることで車体の軽量化や動力伝達のロス、騒音を抑えるインホイールモータ型のEVの普及を目指す慶応大学発ベンチャーのSIM-Drive等が参画している。

本プロジェクトでは、次世代自動車に必要な構造最適化、軽量化、希少金属の削減などに加え、EVの進化に必要な技術課題を取り上げ、研究開発した技術・製品の性能・品質を検証するために試作車を製作した。試作車はおおむね完成した、と説明している。

今回発表する主な開発技術は、走行安全性の向上、省スペース化、軽量化等を目指した次の技術・部品。

  1. 通常モータの磁石に使われているジスプロシウム(レアアース)を使わない高効率なインホイールモータ
  2. インホイールモータの搭載に適したサスペンション
  3. 駆動用モータを制御するインバータシステム

今回の発表では、県内企業の技術力をPRするともに、自動車メーカー等への採用や共同研究等に向けて研究成果を発信する。

「人とくるまのテクノロジー展 2013」は、5月22日(水)~24日(金)10:00~17:00、パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1-1-1)で開催される。本プロジェクトの発表会は、ワークショップ会場内にて、5月22日(水)10:30~12:30に行われる。発表会には、プロジェクト参加企業、自動車メーカー等の技術開発者、その他一般来場者を含め、200名程度の参加を見込む。

【参考】
おかやま次世代自動車技術研究開発センター - 「人とくるまのテクノロジー展2013」で開発成果を発表します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.