> > サンテックパワー、転換社債の償還期限の延長で債権者と合意

サンテックパワー、転換社債の償還期限の延長で債権者と合意

記事を保存

太陽電池世界大手のサンテックパワーホールディングス(尚徳太陽能電力)は、3月15日に償還期限を迎えた5億4,100万ドル(約550億円)の転換社債について、大多数の債権者と6月28日までは社債やそれに関する契約の権利を行使しないとする、新たな償還期限延長を行うことで合意した、と発表した。

サンテックパワーホールディングスCEOのデビット・キングは、「新たな合意に至ったことは社債権者のサンテックパワーの支援の表れであり、サンテックパワーは社債権者の合意の下、引き続き再建を目指す」とコメントしている。

同社のセル製造を主とする子会社である無錫サンテックパワー(無錫尚徳太陽能電力)は、3月15日に満期を迎えたこの転換社債の債務不履行に陥っていた。無錫サンテックパワーは過剰供給による販売価格の低下や、欧米での貿易摩擦による影響で、経営の悪化が伝えられていた。8社からなる中国銀行グループが、同社の会社更生法申請を無錫市中級裁判所に行っている。

【参考】
太陽世界大手サンテック、子会社が会社更生法を申請 本体事業は継続(2013/3/21)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.