> > ノーリツ、出力205Wの住宅用太陽電池モジュールを発売

ノーリツ、出力205Wの住宅用太陽電池モジュールを発売

記事を保存
ノーリツ、出力205Wの住宅用太陽電池モジュールを発売

ノーリツ(兵庫県神戸市)は、住宅用の多結晶太陽電池モジュール「PVMDシリーズ」を7月10日に発売する。同製品は出力205W、モジュール変換効率15.2%を実現し、年間発電量を従来品比約5%向上させたのが特長。

価格は7万6,000円~。「PVMDシリーズ」15枚使用、一般住宅スレート屋根3.07kWの場合、パワコン、接続箱、施工部材の場合、245万3,115円。

同製品は、新規に採用した高効率セルと、太陽光の反射を低減するARコートガラスにより、太陽光の変換効率を向上させるとともに、反射による損失を最小限に抑制し、従来品と比較し最大出力は約10W、モジュール変換効率を約5%アップさせた。

また、屋根材に穴を開けずに施工する「キャッチ&ダイレクト工法」を用いた取付金具のバリエーションを追加。施工時、屋根材に穴をあけることによる、雨漏りなどのリスクを低減し、普及の進む金属製屋根への対応力を高めた。

さらに、「PVMDシリーズ」は、標準、正方形、長方形、台形左、台形右の合計5種類のバリエーションをそろえ、様々な屋根形状に対応。最大出力・発電効率の向上とあわせて、約3kWの太陽電池モジュール設置時で、住宅における年間発電量を従来品と比べて約5%増加させる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.