> > エア・ウォーター、世界初の大面積8インチSiC基板を量産 LEDなどの低コスト化に期待

エア・ウォーター、世界初の大面積8インチSiC基板を量産 LEDなどの低コスト化に期待

 印刷 記事を保存

エア・ウォーター(大阪市中央区)は、パワー半導体やLED照明(発光ダイオード)向け下地基板として、世界で初めて高品質なシリコンカーバイト(SiC)基板を最大8インチまで生産できる技術を開発し、量産を開始する。

今回開発したのは、安価なSi(シリコン)基板を用いて、その表面上に高品質SiC単結晶薄膜を量産する技術。SiC基板を大面積化することで、顧客のデバイス製造時の低コスト化に貢献することができるという。

(※全文:754文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.