> > 東京都、省エネ中小テナントビルを募集・公表 森ビルなど先行公表

東京都、省エネ中小テナントビルを募集・公表 森ビルなど先行公表

記事を保存
東京都、省エネ中小テナントビルを募集・公表 森ビルなど先行公表

東京都は、CO2排出量の少ない中小低炭素モデルビルを公表する取り組みを開始した。先行公表分として、5つのモデルビルを公表するとともに、積極的に省エネに取り組み、公表を希望する中小テナントビルを募集する。

都は、CO2排出量の少ない低炭素なビルが評価される不動産市場の形成を目指し、平成24年5月に低炭素ビルに関する評価指標「低炭素ビルベンチマーク」を公表して、その活用を促進している。

「低炭素ビルベンチマーク」は、地球温暖化対策報告書を提出している約2,000の中小テナントビルについて、延床面積あたりのCO2排出量(排出原単位)を7段階に区分して、ビルの低炭素レベルを示したもの。排出原単位が平均以下となるA1以上が、CO2排出量の小さい低炭素ビルの目安となっている。

地球温暖化対策報告書制度は、都内の中小規模事業所(エネルギー使用量原油換算1,500キロリットル/年未満)を対象に、前年度のCO2排出量等を報告する制度。

今回の取り組みは、この評価指標でA1以上の積極的に省エネに取り組む中小テナントビルを中小低炭素モデルビルとして都のホームページ上で公表するもの。

中小低炭素モデルビルの募集概要は以下の通り。

  1. 低炭素ベンチマークでA1以上に該当
  2. 地球温暖化対策報告書を提出していること ※応募後に現地確認を実施する。
  3. ビルの年間稼働率が90%以上
  4. 過去5年以内に省エネ改修を実施、または、新築したビルであること
  5. 継続的にテナントとも協働して運用改善対策に取組んでいること …など

募集から公表までのスケジュールは、6月3日(月)より中小低炭素モデルビル申請の受付を開始し、以降随時受付。7月頃に申請対象ビルの現地確認及び審査、8月以降に東京都環境局ホームページで順次公表する予定。

今回、「中小低炭素モデルビル」の先行公表分として公表した5つのビル(所在地、事業者)は、黒龍芝公園ビル(港区、黒龍堂)、東京建物東渋谷ビル(渋谷区、東京建物株式会社ほか)、虎ノ門15森ビル(港区、森ビル)、本郷瀬川ビル(文京区、昌平不動産総合研究所)、代々木プレイス(渋谷区、東急不動産)。

虎ノ門15森ビルの延床面積は11,227平方メートル、排出原単位は50.6kg-CO2/平方メートル、低炭素ベンチマークはA2(準大規模テナントビル)。このビルは、築古ビルの大規模な改修工事により環境性能や耐震性を確保し、ビルの競争力を向上させた。これにより、性能値ベースでCO2排出量16.8%削減、一次エネルギー使用量12.9%削減を実現した。2010年度の実績ベースでも、改修前の2006年度対比で26%程度のCO2削減を達成している。また、テナントのエネルギー使用量を可視化する森ビルの新サービス「エネルギーWebシステム」を導入し、入居するテナントによる節電の取り組みを後押ししている。

【参考】
中規模ビルでCO2排出を40%減少させる50の技術(2013/5/20)
東京都 - CO2排出量の少ない中小低炭素モデルビルを公表

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.