> > 鹿島、自社施設で国内トップレベルのCO2排出量を62%削減

鹿島、自社施設で国内トップレベルのCO2排出量を62%削減

記事を保存
鹿島、自社施設で国内トップレベルのCO2排出量を62%削減

鹿島は、技術研究所本館研究棟(東京都調布市)において、汎用技術を用いて運用にかかるエネルギー効率を高め、2012年度の年間CO2排出量62%削減を達成したと発表した。この削減率は、日本において最高レベルとなっており、先般、第51回空気調和・衛生工学会賞を受賞し、第三者からも高い評価を受けている。

技術研究所本館研究棟はRC造で地上5階、地下1階、延床面積は8,914平方メートル。2011年11月から運用を開始した。計画にあたっては、地域環境を重視したランドスケープ計画、オフィス機能や知識創造環境を一から見直した合理的な内装・設備計画、明るさ感を演出したタスク・アンビエント照明、ダクトレス空調システムなどの新技術を採用。さらには既存躯体の利用や生物多様性の事前調査等、環境や省エネに最大限配慮した建物となっている。また運用段階においても、設計施工の担当者、利用者ならびに建物管理者など全員参加による最適運用をはかり、最高レベルの省エネを達成した。

照明、空調などの新技術のほか、太陽光発電、共用部にはLED照明を導入し、ローコストで高水準の省エネを実現した。利用者参加型の運用プログラムとしては、グループのワークスタイルを意識したレイアウト選別、省エネを啓蒙するCO2見える化システムを採用した。

同社では、経済産業省の掲げる2030年の新築ビルにおいて、省エネを進めてトータルのエネルギー使用量ゼロを目指す「ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」化の実現に先駆けて、独自の目標として2020年に同社設計施工の新築ビルでZEB第1号を実現する目標を掲げ、研究開発を進めている。

今回の実証結果から国内トップレベルの省エネ効果が確認できたことにより、今後の施設計画の際、本採用技術を積極的に提案していく。また、さらに技術開発を進め、トップレベルのZEB化建築の実現・普及に向けて取り組んでいく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.