> > 積水ハウス、宮城県で全棟ゼロエネルギー住宅の販売開始

積水ハウス、宮城県で全棟ゼロエネルギー住宅の販売開始

記事を保存
積水ハウス、宮城県で全棟ゼロエネルギー住宅の販売開始

積水ハウスは、被災地の復興に寄与する取り組みとして、まちの省エネ・創エネ仕様と防災機能を高めたスマートタウン「スマートコモンステージ美田園(宮城県名取市)」の販売を開始した。

全40区画に建築する住宅は、今年4月に販売開始したゼロエネルギー住宅「グリーンファースト ゼロ」。全40世帯で発電する電力量は年間163MWhで、余剰電力は電力会社に売電し、供給電力量は年間143MWh(一般家庭の約40世帯分)。まちの発電所として、電力問題の解消に貢献するとともに、年間で約160t(スギの木約1万1,500本相当)のCO2排出量削減にも貢献する。

同住宅は、アルゴンガス封入複層ガラス、高断熱サッシを採用した断熱対策や高効率エアコン、LED照明などの省エネ設備を採用し、日射・通風配慮設計などのパッシブ技術を取り入れることで、快適性を維持しつつ、標準搭載したHEMSによる管理でエネルギー消費量を削減する。

また、太陽電池燃料電池による創エネで「エネルギー収支ゼロ」を目指している。これらの高い省エネ性能と創エネにより、1世帯当たりで年間約29万円の光熱費削減が可能になる見込み。

なお、同住宅は経済産業省が実施している「住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)」の基準に準じた性能を満たしており、1戸当たり最高で350万円の補助を受けることができる。

同社は「安全・安心」「健康・快適」「エネルギー」「見守り」の4つのキーワードを軸に、全国12か所で「スマートコモンシティ」を展開中。環境に配慮しながらエネルギーの自立を図り、安心で豊かなコミュニティを育む持続可能なまちづくりを進めている。

【参考】
積水ハウス、香川県に街全体が発電所の「スマートコモンシティ林町」を開発(2013/2/26)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.