> > 土壌汚染の要措置区域は450箇所 23年度の環境省調査

土壌汚染の要措置区域は450箇所 23年度の環境省調査

 印刷 記事を保存

環境省は、都道府県及び政令市を対象に、平成23年度において、土壌汚染対策法に基づき、土壌汚染状況調査を実施した事例や区域指定の状況等について調査した結果を取りまとめ、公表した。

本調査は、土壌汚染対策法に基づき、法の施行状況並びに都道府県及び政令市が把握している土壌汚染事例を把握し整理することにより、土壌汚染調査・対策の現状について公表するとともに、今後の土壌汚染対策の推進に資する資料として取りまとめることを目的に毎年度、実施しているもの。

今回の結果概要は以下の通り。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.