> > グリーンテック、社名もエクソルに変更 メンテなどの新事業も展開

グリーンテック、社名もエクソルに変更 メンテなどの新事業も展開

記事を保存
グリーンテック、社名もエクソルに変更 メンテなどの新事業も展開

太陽光発電システムの設計、施工、販売などを手がけるグリーンテック株式会社は、6月1日に株式会社エクソルへと社名変更すると発表した。社名変更元年として、第14期(2013年6月1日~)は、IPP(独立系発電事業者)事業の立ち上げ、海外の太陽電池モジュールやパワーコンディショナの導入、O&M(オペレーション&メンテナンス)事業の立ち上げなど、新たに5つの展開を計画している。

具体的な計画の内容は、以下の通り。

  1. IPP事業を立ち上げ、自社メガソーラーを運営することで二酸化炭素の排出量削減に努める。
  2. 太陽電池モジュールやパワーコンディショナなど、積極的に海外の優良製品を日本へ導入し、国内市場の活性化に努める。
  3. 太陽光発電と蓄電池をベストマッチングさせたHEMS 周辺機器や、ワンタッチで太陽電池モジュールの架台設置を可能にしたメガソーラーシステムなど、太陽光発電から拡がる可能性を追求した製品の開発に努める。
  4. タイ、ミャンマー、インドネシアやアメリカなど、太陽光発電の普及に潜在性を有するエリアでの市場調査を開始し、世界を視野に入れた再生可能エネルギーの拡大に努める。
  5. O&M事業を立ち上げ、環境保全に欠かせない太陽光発電所の長期安定運用に努める。

同社は、2011年より事業を総称したコーポレート・ブランド「XSOL(エクソル)」として オリジナル製品のリリースや営業活動、イメージキャラクターに音楽家の坂本龍一氏を起用したブランディング活動を行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.