> > NTTなど、トイレの洗浄水量を最適化するサービスを開始

NTTなど、トイレの洗浄水量を最適化するサービスを開始

 印刷 記事を保存

NTTファシリティーズと木村技研(東京都)は、トイレの洗浄水量を遠隔で最適化するサービス「AQUA-Remoni™」を浅草寺(東京都)とNTT関連ビルで開始した。

同サービスは、遠隔での洗浄水量データ管理、洗浄水量の設定変更に加え、トイレブース内の異常遠隔検知、トイレ利用人数デイリーレポートなどが可能。トイレ洗浄水量を従来の約半分、給水ポンプの消費電力量を削減し、節電とCO2削減を実現する。6月より全国へ本格拡大し、1年間で全国のトイレブース1万カ所への導入を目指す。

(※全文:620文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.