> > 東京都、低利のソーラーローンを利用できる「屋根ぢから」推奨プランを選定

東京都、低利のソーラーローンを利用できる「屋根ぢから」推奨プランを選定

記事を保存
東京都、低利のソーラーローンを利用できる「屋根ぢから」推奨プランを選定

東京都は、住宅用太陽光発電の普及策として展開する「屋根ぢから」ソーラープロジェクトにおいて、連携する金融機関の低利ローンを活用できる「屋根ぢから」推奨プランを選定したと発表した。

「推奨プラン」により住宅用太陽光発電を設置する場合には、提携金融機関のジャックスが提供する本プロジェクト専用の頭金不要の低利ローン(実質年率1.95%)を活用できる。

今回、「推奨プラン」として、販売店から募集したプランのうち、一定の価格水準をクリアするとともに、電量の異常を知らせてくれる発電量モニタリングや定期点検など、設置後のアフターケアがパッケージとなった販売プランを選定した。電気代削減と売電収入により、月々の支払がこれまでの電気代程度で、太陽光発電を設置できる安価なプランもある。推奨プラン一覧は、本プロジェクトのサイトで紹介されている。

都では、今後、この「推奨プラン」を広く都民に利用してもらうため、ウェブサイトや電話相談窓口を新たに開設するとともに、太陽光発電を一層身近に感じてもらうイベントを実施するなど、本プロジェクトを全面展開していく。

イベント「TOKYO太陽エネルギーフェア」の第1回目は、6月15日(土)に、アーバンドックららぽーと豊洲のセンターポートにて実施する。本イベントでは販売店による個別相談やクイズラリーなどが予定されている。

「屋根ぢから」ソーラープロジェクトは、都が東京都環境公社と連携しながら、補助金に代わる新しい事業として開始した。本プロジェクトは、住宅用太陽光発電の普及のため、都民が信頼できる太陽光発電システムを、低金利ローンを利用して設置できるシステムを提供するもの。

ステップ1として、低利ローンの提供と適切な販売店管理が可能な金融機関の公募し、ジャックスを選定。今回、ステップ2として、推奨プランの公募・選定。また、ステップ3として、中立的・効果的な情報発信と相談窓口の設置により、太陽光発電の設置を検討している都民の疑問や不安を解消する。

20130529_a.jpg

【参考】
東京都、25年度は住宅用太陽光発電補助金の代わりに「屋根ぢから」プロジェクト(2013/2/28)
東京都 - 低利のソーラーローン「屋根ぢから」推奨プランを選定

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.