> > 静岡県で植物工場製イチゴが生産開始 関東・東海へ供給

静岡県で植物工場製イチゴが生産開始 関東・東海へ供給

記事を保存
静岡県で植物工場製イチゴが生産開始 関東・東海へ供給

日清紡ホールディングスは、藤枝事業所(静岡県藤枝市)の完全制御型植物工場で栽培したいちご「あぽろべりー®」を今秋より関東・東海地方に出荷する。「あぽろべりー®」は、天候や気温の影響を受けないため、年間を通して安定した供給が可能。

また、最先端の栽培管理システムを導入し、室温や空調、照明等がしっかり管理されていて、味や色に個体差がほとんどない。さらに、衛生管理が徹底されているため、洗わなくても安心して食べられるのが特長。

同社は、2011年9月に徳島事業所(徳島県徳島市)で完全制御型植物工場による1万株規模のいちご栽培を国内で初めて成功させ、「あぽろべりー®」と名付けて出荷を開始。2012年秋には同事業所の栽培規模を7万株にまで拡大している。

現在、徳島事業所で栽培している「あぽろべりー®」は、主に製菓用として関西地方に出荷している。関東・東海地方からの引き合いも急増していることから、今回、藤枝事業所に10万株の栽培設備を導入した。

冬から春に実をつける「一季成りいちご」は、これまで初夏から晩秋にかけてはほとんど収穫することができず、この間は海外から輸入した酸味が強く小粒で、夏から秋にも実がなる「四季成りいちご」で代用しているのが現状。同社は、年間を通じて質・量ともに安定した高品質な「あぽろべりー®」を藤枝事業所でも栽培し販路を拡大することで、いちごの新たな需要を喚起していきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.