> > 三菱化学・パイオニア、有機EL照明パネル販売の共同事業会社を設立

三菱化学・パイオニア、有機EL照明パネル販売の共同事業会社を設立

記事を保存
三菱化学・パイオニア、有機EL照明パネル販売の共同事業会社を設立

三菱化学とパイオニアは、有機EL照明パネル販売のための共同事業会社として、6月3日付で「MCパイオニアOLEDライティング」(東京都新宿区)を設立したと発表した。

今般設立したMCパイオニアOLEDライティングでは、両社の有機EL照明パネルに関する販売・マーケティング機能を統合することで、有機EL照明パネルの用途開発および市場開拓を加速させていく。

また、有機EL照明パネルは、発光層を塗布プロセスで成膜することにより、大幅な製造コストの低減が可能だと考えられている。MCパイオニアOLEDライティングでは、発光層塗布型有機EL照明パネルについても、2013年の秋からサンプル供給を開始し、用途開発および市場開拓を実施していく予定。

有機EL照明は、面発光でかつ超薄型・軽量である上、形状に制約がなく透明にできる、といった既存の照明にない特徴を数多く有しており、次世代の照明として注目されている。両社は、有機EL照明ビジネスの本格展開に向けて、用途開発の加速および量産化技術の早期確立への取り組みを強化していく考えだ。

これまでの両社の有機EL照明パネルに関する取り組みは以下の通り。両社は2011年7月に、発光層を蒸着プロセスで成膜した世界初の“カラー調色・調光型有機EL照明パネル”の量産を開始し、両社それぞれの商流の下、店舗照明や医療用照明器具などさまざまな用途向けに販売してきた。

また、両社は、2012年6月に発光層塗布型有機EL素子の開発に成功し、現在、2014年の本格供給開始に向けて、発光層塗布型有機EL照明パネルの量産化技術の共同開発を行っている。さらに、パイオニアは、2013年1月に、発光層塗布型有機EL照明パネルの量産を目的とした開発・製造会社を設立している。MCパイオニアOLEDライティングでは、この発光層塗布型有機EL照明パネルについて、サンプル供給の開始等を予定している。

両社は、「蒸着成膜プロセス」と「塗布成膜プロセス」の違いについて、以下のように説明している。「蒸着成膜プロセス」は、真空装置内で原料を加熱して蒸発させ、ガス状になった原料を基板上に堆積させる成膜方法。清浄環境下で成膜できる一方、原料の利用効率が悪く、また、技術的・コスト的に真空装置の大型化が困難なため、基板の大型化が難しいと言われている。一方、「塗布成膜プロセス」は、原料を溶かし込んだ溶液を塗布して、原料を基板上に堆積させる成膜方法。原料の利用効率がよく、また、真空状態を必要としないため、製造装置の大型化が比較的容易。そのため、環境や溶液中の不純物を適正に制御できれば、基板の大型化に適していると言われている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.