> > 東京ガスなど開発の蒸気ボイラ 燃焼量を3段階で調整し運転効率大幅アップ

東京ガスなど開発の蒸気ボイラ 燃焼量を3段階で調整し運転効率大幅アップ

記事を保存
東京ガスなど開発の蒸気ボイラ 燃焼量を3段階で調整し運転効率大幅アップ

サムソン(香川県)、東京ガス(東京都)、大阪ガス(大阪府)及び東邦ガス(愛知県)は、運転効率を大幅に向上した新型の「ガス焚き簡易貫流蒸気ボイラ」を共同で開発した。同製品は、換算蒸発量200kg/h以下の小容量機種では業界で初めて燃焼量を100%、50%、0%の3段階で制御する燃焼三位置制御を装備したのが特長。価格は129万円。8月1日より販売を開始する。

この新型ボイラは、3段階に蒸気量を調整することで、従来機よりもボイラ運転効率の低下を低く抑えることができる。また、燃焼ガスフローを改良して接触伝熱量を向上させた新型缶体設計により、定格時のボイラ運転効率を90%まで向上(従来機88%)させている。これらの結果、ボイラ運転効率が従来機より約7%向上(50%負荷時)し、ランニングコスト・環境負荷の低減に役立つ。

一般的な簡易ボイラは、取扱資格が不要で誰でも使用できることから市場で稼働している台数も多く、クリーニング店から食品工場まで幅広い分野で利用されている。中でも小容量の簡易ボイラは、これまで燃焼量を100%と0%の2段階で制御するシステムが採用されており、蒸気の使用量が少なくなると100%と0%の運転を繰り返して蒸気量を調整していた。ボイラは、停止後、再起動する際、安全のためにボイラの炉内を換気する必要がある。この時、熱が排気としてボイラ外に排出されるため熱損失が発生するため、このような運転を減少させることは、ボイラ運転効率を高めることにつながる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.