> > 日産リーフのバッテリー容量保証開始 規定量を割り込んだ場合、無償で修理・交換

日産リーフのバッテリー容量保証開始 規定量を割り込んだ場合、無償で修理・交換

記事を保存
日産リーフのバッテリー容量保証開始 規定量を割り込んだ場合、無償で修理・交換

日産自動車は、100%電気自動車「日産リーフ」のバッテリー容量保証を5月31日より開始した。バッテリー容量の低下が気になる顧客も安心して乗車できるよう、5年または10万kmの範囲内でバッテリー容量計が9セグメント(初期は12セグメント)を割り込んだ場合、同社が無償でバッテリーを修理、または交換するもの。この保証は、適応開始日以前に販売された車両もすべて対象となる。

日産は、ゼロ・エミッション社会の早期実現を目指し、様々な取り組みを行っている。まず、利便性向上のため、急速充電器の設置にも積極的に行い、国内販売会社での急速充電器設置店舗数は、2013年3月末までに800店舗まで拡大した。これにより、国内販売会社の3店舗に1店舗以上の割合で急速充電器が設置されたことになる。

また、昨年11月のマイナーチェンジでは、一充電走行距離228km(JC08モード)の実現により利便性を向上させるとともに、新グレード「S」を追加。さらに今年4月には国内希望小売価格を改定し、約28万円の値下げを行った。これにより、購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)を受給した場合には、約220万円から購入が可能となった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.