> > 佐賀市の清掃工場、ゴミ処理時の排ガスからCO2を回収し農業に利用

佐賀市の清掃工場、ゴミ処理時の排ガスからCO2を回収し農業に利用

 印刷 記事を保存

東芝は、佐賀市が今年度から進める「清掃工場バイオマスエネルギー利活用促進事業」に参画し、同市清掃工場にCO2分離回収活用システム(Carbon dioxide Capture and Utilization:CCU)の実証試験設備を納入すると発表した。清掃工場での化学吸収法によるCCUの実証試験は国内では初めてとなる。

同事業は、佐賀市清掃工場のゴミ処理過程において発生する排ガスからCO2を回収し、回収したCO2を農産物の栽培や藻類の培養等において有効利活用するシステムの構築を目指すもの。

(※全文:811文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.