> > 岩谷産業・トクヤマ、山口県周南市に液化水素製造工場を稼働

岩谷産業・トクヤマ、山口県周南市に液化水素製造工場を稼働

記事を保存
岩谷産業・トクヤマ、山口県周南市に液化水素製造工場を稼働

岩谷産業とトクヤマは、液化水素を製造する合弁会社において、トクヤマ徳山製造所(山口県周南市)内に建設を進めてきた液化水素製造工場が6月11日に竣工し、稼働を開始すると発表した。

岩谷産業では、大阪府堺市、千葉県市原市に続く、第3番目の製造拠点となる。中国・四国・九州地方を中心に広く西日本エリアへの供給をカバーすることで、供給体制を強固なものとし、更なる安定供給を図る。

両者は、2011年10月に、同市に液化水素を製造する合弁会社「山口リキッドハイドロジェン」(大阪市中央区)を設立し、工場建設を進めてきた。新会社はトクヤマ徳山製造所内に事務所および液化水素製造プラントを設け、苛性ソーダ生産時に発生する水素ガスを配管にて受け入れ、精製・液化する。製造した液化水素は岩谷産業が全量を販売する。

新会社、山口リキッドハイドロジェンの資本金は1,000万円。出資比率は岩谷産業が65%、トクヤマが35%。設備は水素液化器3,000L/h×1系統、液化水素貯蔵能力は270KL×2基。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.