> > カネカ、青森県で有機ELパネルの生産強化 世界初の蒸着技術を導入

カネカ、青森県で有機ELパネルの生産強化 世界初の蒸着技術を導入

記事を保存

カネカ(大阪府)は、有機材料の真空蒸着工程において、新たに面蒸着技術を取り入れた「有機ELパネル量産実証設備」を、100%子会社である「OLED(オーレッド)青森」に増設し、今年4月より稼働を開始した。同設備は、量産が可能な設備としては、世界で初めて面蒸着方式を採用したのが特長。

既存設備と比べ、面内蒸着膜厚分布を5%から3%以内に抑えることと、材料使用効率を約5%から20%強へ向上させることにより、有機ELパネルを製造するために使用する高価な有機材料の使用量を抑え、変動費を従来の約40%に削減できる。さらに、1メートル四方相当の大面積蒸着装置も導入し、さらなるコストダウンを目指す。

有機EL照明は、(1)薄型化できデザイン性に富む(2)温暖色のやわらかい光が得られる(3)面光源であり拡散板などの光学部材が不要(4)水銀を使用しないため環境に優しいという特長がある。

同社の有機ELパネルは、レストランなどの店舗照明や高級住宅用のデザイン照明、有機ELパネルを組み込んだ家具や建材用途などを中心に採用されているが、従来の光源と比べて高価格であること、有機ELの認知度向上などが課題となっている。新設備の稼動により、さらなるコストダウンをはかり、グローバルにデザイン・使用用途を提案することで、有機EL照明市場におけるさらなる事業の拡大を目指したい考えだ。

なお、OLED青森は、青森県に本社を置き、有機EL照明デバイス及びモジュールの設計・製造・販売を手がけている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.