> > 大阪発の超小型電気自動車、フランスで公用車に

大阪発の超小型電気自動車、フランスで公用車に

記事を保存
大阪発の超小型電気自動車、フランスで公用車に

NTN株式会社(大阪府)は、独自開発の「小型EV用インホイールモータシステム」を搭載した超小型電気自動車(EV)の公道での実証事業をフランスのアヌシー市と共同で開始した。同社は、これまでもアヌシー市におけるNTN-SNR社内、工場間の移動や試乗用に小型EVを活用していたが、今回、新たに開発した超小型EV「TOO'in(トゥーイン)」をアヌシー市の公用車として貸与し、より大規模な公道での社会実証事業を1年間にわたって実施する。

超小型EV「TOO'in」は2人乗りで最高時速75km。ボディは、車両製造のラザレス社(アヌシー市)が製作し、欧州の電動マイクロカーの公式規格「L7e」カテゴリーの登録を行ってある。インホイールモータ搭載の超小型EVによる、登録車両としての公道実証は世界初。

「インホイールモータ方式」は、ホイールにモータを直接取り付ける方式で、車内スペースの有効利用や車両設計の自由度が向上するのが特長。同社車開発の「小型EV用インホイールモータシステム」は、インホイールモータを構成するハブベアリングと減速機、モータをホイール内に格納できるまで小型・軽量化し、インバータを含む制御システムまでを一体的にシステム化したもの。インホイールモータ方式の小型EVは近距離走行に最適で、乗降性がよく高齢者にやさしいため、地域の手軽な足として地域コミュニティにおける活用も期待されている。

なお、NTN株式会社は、ベアリング(軸受)、等速ジョイント、精密機器商品等の製造及び販売を手がける企業。インホイールモータシステムをはじめ、EVや環境対応車などの次世代自動車向けシステム商品の開発を進めている。国内では、静岡県磐田市でコンバートEVの社会実証実験を実施。また、国土交通省が今年から創設した「超小型モビリティ認定制度」に対応する電動コミュータ車両の実証事業も計画している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.