> > 環境省、工場やビル等に無料で省エネアドバイス 受診事業所の募集開始

環境省、工場やビル等に無料で省エネアドバイス 受診事業所の募集開始

記事を保存

環境省は、昨年度に引き続き、工場やビル等の費用効率的なCO2削減・節電対策を支援するために、専門機関(診断機関)を派遣し、「CO2削減・節電ポテンシャル診断」(無料)を実施する。6月17日(月)より本診断を受ける事業所の募集を開始するとともに、公募説明会及び相談会を6月27日(木)に東京で、6月28日(金)に大阪で開催する。

本診断では、環境省から派遣された診断機関が、工場やビル等における設備の導入状況、運用状況、エネルギー消費状況等を踏まえ、適用可能な具体的なCO2削減・節電対策を無料でアドバイスしてくれる。診断実施後には、費用・効果等に関する情報も含め、設備導入又は運用改善による様々なCO2削減・節電対策メニューを「診断報告書」として取りまとめ、受診事業所に提供されるので、今後の対策に活用することができる。

受診事業所の募集に当たっては、受診事業所が持っている既存資料(エネルギー使用状況、保有設備に関する資料、過去の診断結果等)の分析、現場ヒアリング・現場確認等により行う「計測なし」のコースと、受診事業所のエネルギー計測(数日~2週間程度を予定)による診断を行う「計測あり」のコースを設けている。診断機関による計測・診断にかかる費用は環境省が負担する。

対象は年間CO2排出量が3,000t以上の事業所(工場、事業場)。但し、自動車等の排出、民生部門のうち住宅、集合住宅等の排出は含まない。対象者は、部門、業種、温室効果ガスの排出規模、エネルギー計測の有無、地域などのバランス等に配慮して選定する。

公募期間は一次募集が6月17日(月)~7月5日(金)、二次募集が7月8日(月)~7月26日(金)。診断期間は7月下旬以降を予定している。募集全体を通じて60事業所程度での実施を予定している。

また、環境省では、昨年度より、自治体を通じて診断機関による相談・派遣診断を行う自治体CO2削減ポテンシャル診断支援事業を実施している。平成25年度事業については、近日中に、事業を実施する自治体の公募を行う予定。

【参考】
環境省 - 「CO2削減・節電ポテンシャル診断」受診事業所の募集及び公募説明会・相談会の開催について(お知らせ)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.