> > 平成24年度の家電リサイクル台数、前年度から3割減

平成24年度の家電リサイクル台数、前年度から3割減

記事を保存

環境省と経済産業省は、平成24年度における家電リサイクル実績を公表した。全国の指定引取場所において引き取られた廃家電4品目は、前年比約33.4%減の約1,120万台。

再商品化率は、「エアコン」91%(法定基準70%)「ブラウン管式テレビ」82%(同55%)「液晶・プラズマテレビ」87%(同50%)「電気冷蔵庫・電気冷凍庫」80%(同60%)「電気洗濯機・衣類乾燥機」86%(同65%)と、いずれも法定基準を上回った。具体的な状況は以下の通り。

【1】引取りの状況

内訳は、「エアコン」約236万台(構成比約21%)「ブラウン管式テレビ」約228万台(同約20%)「液晶・プラズマテレビ」約49万台(同約5%)「電気冷蔵庫・電気冷凍庫」約292万台(同約26%)「電気洗濯機・衣類乾燥機」約315万台(同約28%)。

前年度比では、「エアコン」約0.8%増「ブラウン管式テレビ」約71.0%減「液晶・プラズマテレビ」約17.7%減「電気冷蔵庫・電気冷凍庫」約2.7%増「電気洗濯機・衣類乾燥機」約0.2%減。平成23年度からの減少分約570万台のうち、約569万台をテレビが占めており、地上波アナログ放送や、エコポイント制度が終了したことによる買換え需要が減少したことが、引取台数減少の大きな要因と考えられる。

【2】再商品化等の状況

家電メーカー等の家電リサイクルプラントに搬入された廃家電は、リサイクル処理によって鉄、銅、アルミニウム、ガラス、プラスチック等が有価物として回収され、上記の通り全社において法定基準を上回る再商品化率が引き続き達成された。

前年度比では、「エアコン」2ポイント増「ブラウン管式テレビ」3ポイント増「液晶・プラズマテレビ」4ポイント増「電気冷蔵庫・電気冷凍庫」1ポイント増「電気洗濯機・衣類乾燥機」1ポイント減。

また、「エアコン」「電気冷蔵庫・電気冷凍庫」「電気洗濯機・衣類乾燥機」に冷媒として用いられているフロン類、及び電気冷蔵庫・電気冷凍庫の断熱材に含まれるフロン類も回収、破壊された。「エアコン」の冷媒フロン類は約1,469トン「電気冷蔵庫・電気冷凍庫」の冷媒フロン類は約275トン「電気洗濯機・衣類乾燥機」の冷媒フロン類は約3トン、断熱材フロン類は約397トンが回収及び破壊された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.