> > CIS薄膜太陽電池で変換効率14.6%達成 多結晶シリコン太陽電池レベルに

CIS薄膜太陽電池で変換効率14.6%達成 多結晶シリコン太陽電池レベルに

記事を保存

ソーラーフロンティアは、国富工場(宮崎県)で商業運転されている生産ラインを使い、CIS技術でエネルギー変換効率14.6%の「チャンピオンモジュール」を製造することに成功した。

この変換効率は、現在主流となっている多結晶系シリコン太陽電池モジュール(15%前後)とほぼ同レベル。また、同製品の出力179.8Wで、この出力は第三者機関であるアンダーライターズ・ラボラトリーズ・インク(米国保険業者安全試験所)で認証された。

同社は、CIS技術により、これまで30センチ角CIS薄膜太陽電池サブモジュールの開口部面積で世界最高のエネルギー変換効率17.8%、カドミウムを含まない薄膜太陽電池のセルとして世界記録となるエネルギー変換効率19.7%を達成してきた。

同技術は、省資源、省エネルギーで製造できる上、エネルギー変換効率のさらなる向上、生産コストの改善が見込まれるとして注目を集めている。同社は今後、より高出力な製品の量産化を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.