> > 大阪府でベンツのカーシェアリング始まる (※ただし電気自動車)

大阪府でベンツのカーシェアリング始まる (※ただし電気自動車)

記事を保存
大阪府でベンツのカーシェアリング始まる (※ただし電気自動車)

メルセデス・ベンツ日本(MBJ)とオリックス自動車は、「クルマの新たな試乗機会」と「乗ってみたいクルマ」を同時に提供することを目的に協業を開始する。6月24日より、オリックス自動車のカーシェアリング拠点「グランフロント大阪ステーション」に、「スマート電気自動車」と「スマートフォーツークーペmhd」の計2台を導入する。料金は15分150円~。同件は、MBJにとってカーシェアリング事業者と直接協業する、初の取り組み。

今回導入される「スマート電気自動車」は、2012年に欧州メーカーとして初めて日本市場で発売した量産型の電気自動車。最高出力55kWの電気モーターを搭載し、最高時速125kmを達成。また、高効率のリチウムイオンバッテリーにより、フル充電で181kmの航続距離を実現している。充電は0%から100%まで8時間で完了する。

「スマートフォーツークーペmhd」は、コンパクトな車体に安全性と快適性などを凝縮。アイドリングを自動的にストップ&スタートする「mhd(マイクロ・ハイブリッド・ドライブ)」を採用した小型で軽量のオールアルミ製エンジンを採用し、22.0km/Lの低燃費を達成している。

MBJは今年4月、グランフロント大阪の知的創造拠点「ナレッジキャピタル」に、メルセデス・ベンツの情報発信拠点「Mercedes-Benz Connection」を開設した。同じ施設内で協業することにより、より自由度の高い試乗体験ができる機会を提供する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.